鹿島戦から学ぶこと

マリノス情報

試合開始直後のパス回しで判断を間違ったのは久々でしたが、それが自信過剰になっていた事に気づかされたのではないでしょうか。昨日のピッチ上でどの程度コーチングの声が通っていたのか、我々には分かりませんが、パクがティーラトンに出したタイミング、ティーラトンが受けるタイミングの2度、周囲のメンバーがコーチングするチャンスがあったはずです。声が通らない状況ではセーフティな選択をする事が、特に試合序盤では大事だと再認識できたと思います。

攻撃面ではテルのポジションとしてトップの試行がされましたが、得点シーンでもやはり右サイドがベストと言うことはプレーしている本人にも感じられたのではないでしょうか?監督ともよくコミュニケーションして起用ポジションの迷いを払拭して欲しいですね。

このタイミングで水曜日に天皇杯があるのはラッキーと考えたいです。土曜日のリーグ戦を踏まえた選手起用がされると思いますが、新戦力のエリキや渡辺などチーム練習期間が短いメンバーが実戦の中でどこまでチーム戦術に理解を示しているのか試すには絶好の機会です。

彼らの活躍こそ、今後のリーグ戦の鍵になると思います。天皇杯がそのきっかけになることを信じて全力で応援しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました