THE DAYでマリロスを乗り越える

テレビ観戦

何度も延長される長い中断期間でマリノスの試合が見られない状況が続いている2020シーズンに「マリロス」を感じている方も多いと思います。

そんな状況を癒やしてくれるコンテンツの1つが2019シーズンのリーグ優勝に至る道のりを5時間24分のドキュメンタリー動画としてまとめた「THE DAY」ですね。

シーズン中にも無料のYouTubeの動画として不定期に配信されていたのですが、未収録シーンも含めた完全版として商品化されました。特典付きの初版のDVD版とBD版は予約した方のみ限定販売でしたが、この記事を書いている4月からはオフィシャルオンラインショップで通常版が販売されています

初版のリリースに際してYouTubeでも完成記念動画が配信されましたね。

横浜F・マリノス-THE DAY 2019総集編- Blu-ray/DVD完成記念

私は初版のBD版を購入して到着した当日にDisk1,翌日にDisk2と予約特典Diskとを鑑賞しました。上記のYouTube動画のコメント欄を見てもマリノスサポータだけでなく、他のクラブのサポータにも好評のようで、非常に満足度の高い作品に仕上がっていると思います。

こちらは昨年の夏に公開されたfootballistaさんの記事ですが、クラブとしてファンエンゲージメントを高めたいと言う狙いで動画コンテンツの活用を考えた結果生まれた企画だったようですが、その狙いを確実に達成して成功したと言えるのではないでしょうか。

ファンエンゲージメントを高めよ 横浜F・マリノスのデジタルメディア戦略

https://www.footballista.jp/feature/70796

上記の記事で始めて知ったのですが、「THE DAY」のモデルとなったのは我らがシティフットボールグループの雄マンチェスター・シティの「All or Nothing」と言うドキュメンタリーだったのですね。

All or Nothing Manchester City | Amazon Prime Original Trailer

こちらの作品もアマゾンプライムで視聴できるようなので、STAY HOMEを続ける週末にじっくり鑑賞してみたいと思います。

さて、THE DAYをご覧になった皆さんが感じたことは何だったでしょうか?

そこに記録されているのは、勝利した後のロッカールームやキャンプのホテルでのリラックスした食事の様子など、選手の笑顔の場面だけではありません。

勝ち点を落としたり不本意な退場をしてしまった強烈な悔しさや、練習で衝突した選手の怒りや「自分たちのサッカー」ができなかった前半を嘆くハーフタイムの監督の言葉、シーズン半ばでチームに他のクラブへ移籍する決意を涙ながらに伝える選手など、見ている私たちも辛いシーンもあえて収録されています。

しかし、チームの良い時だけでなく、悲しいときや辛いときも収録されていることで、まるで見ている自分もチームの一員となってシーズンを疑似体験するような気持ちにさせてくれるのだと感じました。

これが企画で狙っていた「ファンエンゲージメント」なのですね。

選手や監督の口からは2019シーズンの早い段階から優勝を狙う意識の高さが出ていました。

シーズン中にYouTubeで「THE DAY」を見ていたときは、その日その日のチームの様子を伝えると言う意味合い以上の事は「THE DAY」に感じていなかったのですが、今回の収録の構成が優勝を迎えるシーズン最終戦「その日」へ向けたカウントダウンになっていたことで実はこのドキュメンタリーを企画したスタッフの皆さんも「THE DAY」が12月7日にやって来ると信じて配信をスタートしたのでは無いかと感じました。

2020シーズンは、コロナ問題でこれまで経験した事の無い難しいシーズンになろうとしていますが、今シーズンも「THE DAY」の企画はスポンサーさんの好意もあって続くようで、Vol.20が公開されています。

vol.20 | THE DAY presented by WIND AND SEA

2020年版も必ず「その日」が来ると信じて精一杯チームを応援したいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました